秋だし本を読もう

涼しくなってきたから…というか、なんで予約したのかももう忘れたぐらいずーっと前に図書館に予約入れていた本がようやく順番まわってきたので読み始めた。これが面白い!
さらに予約している本も。

ただいま読書中

メイフェアの不運な花嫁 英国貴族の結婚騒動 (ラズベリーブックス)
M.C.ビートン
竹書房
売り上げランキング: 29,057

ミステリーめいてたので、ミステリーだと思ってたがどうやら違ってた。そもそもラズベリーブックスとはハーレクイン的なラインナップのレーベルっぽい。
舞台は1807年、兄の遺産をあてに放蕩を続けてすっかり一文無しになった落ちぶれスコットランド人元弁護士シンクレアに遺されたのは兄の被後見人の美しいがいつもぼんやりとしている若い娘のフィオナだけ。途方にくれるも「ロンドンの社交シーズンでは、きれいな顔さえ持っていれば、欲しいだけの金と結婚できる…」一発逆転を狙ってロンドンへ出向き高級住宅街メイフェアに家を借り、フィオナを社交デビューさせ、あわよくば貴族と結婚させようと画策。しかしその家は誰も借りたがらない曰くつきの不幸の屋敷で…。
物語は社交シーズン中の貴族たちのあれやこれや、そこに割って入ろうとする欲にかられて空回りばかりのシンクレア氏の必死の婚活、どこか謎めいたフィオナ、そしてお屋敷に常勤している執事と個性豊かな8人の使用人たちの思惑とが入り混じり進んでいく。
「ダウントン・アビー」ファン必読の、と紹介文にあるが、内容は全然違う。ただお屋敷の「上の階」と「下の階」のせめぎ合い、みたいなものは通じるものがなくもない。
まだまだ序盤だがフィオナ嬢の「ぼんやり」は演技なのか何なのか…ミステリー的要素を感じてなかなか期待が持てる。
著者のM・C・ビートンはミステリーも書く人気作家。この作品もシリーズで6作まであるらしく、この本ではそのうち2作が収録。次の翻訳も楽しみである。

図書館に予約中

ありふれた祈り (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)
ウィリアム ケント クルーガー William Kent Krueger
早川書房
売り上げランキング: 76,821

あの夏のすべての死は、ひとりの子供の死ではじまった――。1961年、ミネソタ州の田舎町で穏やかな牧師の父と芸術家肌の母、音楽の才能がある姉、聡明な弟とともに暮らす13歳の少年フランク。だが、ごく平凡だった日々は、思いがけない悲劇によって一転する。家族それぞれが打ちのめされもがくうちに、フランクはそれまで知らずにいた秘密や後悔に満ちた大人の世界を垣間見るが……。少年の人生を変えた忘れがたいひと夏を描く、切なさと苦さに満ちた傑作ミステリ。アメリカ探偵作家クラブ賞最優秀長篇賞受賞作!

きっとただのミステリーでなく切ない少年の成長物語な予感、映画になりそう。

東京23話 (一般書)
東京23話 (一般書)
posted with amazlet at 15.09.15
山内 マリコ
ポプラ社
売り上げランキング: 27,374

山内マリコ著書だし読んどこう。23区の擬人化、それぞれのお喋り。

愛を返品した男 物語とその他の物語
B J ノヴァク B. J. Novak
早川書房
売り上げランキング: 11,890

俳優・監督でもあるB J ノヴァクの初の短編集。装丁かっこいい。

ミス・ブロウディの青春 (白水Uブックス)
ミュリエル・スパーク
白水社
売り上げランキング: 65,044

1960年代に発表された作品の復刊。映画化もされているらしい。なんと主演はマギー・スミス!
1930年代のスコットランド・エディンバラ、女子学園を舞台に教師ジーン・ブロウディと彼女を崇拝する少女たち。純粋無垢の少女たちが成長とともに変貌し崇拝から徐々に変化し…といった感じのガールズ小説。期待。

気になる映画3選+1

トンと映画はご無沙汰しているし、気軽に観に行ける状態でもないけれど、ここのところ気になった映画が次々公開されていくようなのでちょっとまとめてみる。

ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール


すでに公開中で終わりそうな勢い、だけれど都内では徐々に小さいハコに移りつつ細々と続いているようなのでなんとか行きたい。
そっち(どっち?)方面ではかなり話題の言わずもがななベル・アンド・セバスチャンのスチュアート・マードックが監督のミュージカル映画。
観たいポイントは、ちょいちょい挟まれているという音楽小ネタや「はなればなれに」のマジソンダンスを真似たシーンがあるとか、70年代風のファッションが超キュートだとか、らしいので、そういうのを堪能してニヤニヤしたいというところ。
あともちろんサントラも買いだと思うけど、まず観て、そして買いたい。

ザ・ヴァンパイア 残酷な牙を持つ少女


キーワードは、デヴィット・リンチとジム・ジャームッシュ 。もうこれだけでムズムズせざるを得ない。予告だけでも異次元の世界へ連れてってくれそう感がプンプンするのでヤバい。サントラも良さそう!

ヴィヴィアン・マイヤーを探して


生前1枚も公表することがなかった謎多き女流写真家、ヴィヴィアン・マイヤーの写真のネガを偶然手に入れた青年がブログに彼女の写真をアップしたところ大反響。この素晴らしい写真を撮った人物を探す旅を記録して、映画にした。
予告を観る限りでも魅力的な時代を映した写真であるばかりか、その不完全な証言の数々には興味をそそられる。ステキ映画な予感しかない。

EDEN

90年代から00年代にかけてフランスのダンス・ミュージック・シーンから世界的に広がった「フレンチ・タッチ」と呼ばれるムーヴメント。ダフト・パンク、ディミトリ・フロム・パリ、カシアスなどを産み出したこの音楽シーンの軌跡を背景に、本作『EDEN/エデン』は〈ガラージ・ハウス〉に夢中になった大学生のポールが時代の波に乗りパリの熱いクラブシーンでDJとして掴む成功とやがて味わう挫折、そして恋と友情の20年間を、第1部<パラダイス・ガラージ>、第2部<ロスト・イン・ミュージック>の2部構成で描く。切なくほろ苦い青春音楽映画の決定版がまた一つここに誕生した。— EDEN – イントロダクション

いやー、これは理屈なしに観たいっしょ!