気になる映画3選+1

トンと映画はご無沙汰しているし、気軽に観に行ける状態でもないけれど、ここのところ気になった映画が次々公開されていくようなのでちょっとまとめてみる。

ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール


すでに公開中で終わりそうな勢い、だけれど都内では徐々に小さいハコに移りつつ細々と続いているようなのでなんとか行きたい。
そっち(どっち?)方面ではかなり話題の言わずもがななベル・アンド・セバスチャンのスチュアート・マードックが監督のミュージカル映画。
観たいポイントは、ちょいちょい挟まれているという音楽小ネタや「はなればなれに」のマジソンダンスを真似たシーンがあるとか、70年代風のファッションが超キュートだとか、らしいので、そういうのを堪能してニヤニヤしたいというところ。
あともちろんサントラも買いだと思うけど、まず観て、そして買いたい。

ザ・ヴァンパイア 残酷な牙を持つ少女


キーワードは、デヴィット・リンチとジム・ジャームッシュ 。もうこれだけでムズムズせざるを得ない。予告だけでも異次元の世界へ連れてってくれそう感がプンプンするのでヤバい。サントラも良さそう!

ヴィヴィアン・マイヤーを探して


生前1枚も公表することがなかった謎多き女流写真家、ヴィヴィアン・マイヤーの写真のネガを偶然手に入れた青年がブログに彼女の写真をアップしたところ大反響。この素晴らしい写真を撮った人物を探す旅を記録して、映画にした。
予告を観る限りでも魅力的な時代を映した写真であるばかりか、その不完全な証言の数々には興味をそそられる。ステキ映画な予感しかない。

EDEN

90年代から00年代にかけてフランスのダンス・ミュージック・シーンから世界的に広がった「フレンチ・タッチ」と呼ばれるムーヴメント。ダフト・パンク、ディミトリ・フロム・パリ、カシアスなどを産み出したこの音楽シーンの軌跡を背景に、本作『EDEN/エデン』は〈ガラージ・ハウス〉に夢中になった大学生のポールが時代の波に乗りパリの熱いクラブシーンでDJとして掴む成功とやがて味わう挫折、そして恋と友情の20年間を、第1部<パラダイス・ガラージ>、第2部<ロスト・イン・ミュージック>の2部構成で描く。切なくほろ苦い青春音楽映画の決定版がまた一つここに誕生した。— EDEN – イントロダクション

いやー、これは理屈なしに観たいっしょ!