気になる映画3選+1

トンと映画はご無沙汰しているし、気軽に観に行ける状態でもないけれど、ここのところ気になった映画が次々公開されていくようなのでちょっとまとめてみる。

ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール


すでに公開中で終わりそうな勢い、だけれど都内では徐々に小さいハコに移りつつ細々と続いているようなのでなんとか行きたい。
そっち(どっち?)方面ではかなり話題の言わずもがななベル・アンド・セバスチャンのスチュアート・マードックが監督のミュージカル映画。
観たいポイントは、ちょいちょい挟まれているという音楽小ネタや「はなればなれに」のマジソンダンスを真似たシーンがあるとか、70年代風のファッションが超キュートだとか、らしいので、そういうのを堪能してニヤニヤしたいというところ。
あともちろんサントラも買いだと思うけど、まず観て、そして買いたい。

ザ・ヴァンパイア 残酷な牙を持つ少女


キーワードは、デヴィット・リンチとジム・ジャームッシュ 。もうこれだけでムズムズせざるを得ない。予告だけでも異次元の世界へ連れてってくれそう感がプンプンするのでヤバい。サントラも良さそう!

ヴィヴィアン・マイヤーを探して


生前1枚も公表することがなかった謎多き女流写真家、ヴィヴィアン・マイヤーの写真のネガを偶然手に入れた青年がブログに彼女の写真をアップしたところ大反響。この素晴らしい写真を撮った人物を探す旅を記録して、映画にした。
予告を観る限りでも魅力的な時代を映した写真であるばかりか、その不完全な証言の数々には興味をそそられる。ステキ映画な予感しかない。

EDEN

90年代から00年代にかけてフランスのダンス・ミュージック・シーンから世界的に広がった「フレンチ・タッチ」と呼ばれるムーヴメント。ダフト・パンク、ディミトリ・フロム・パリ、カシアスなどを産み出したこの音楽シーンの軌跡を背景に、本作『EDEN/エデン』は〈ガラージ・ハウス〉に夢中になった大学生のポールが時代の波に乗りパリの熱いクラブシーンでDJとして掴む成功とやがて味わう挫折、そして恋と友情の20年間を、第1部<パラダイス・ガラージ>、第2部<ロスト・イン・ミュージック>の2部構成で描く。切なくほろ苦い青春音楽映画の決定版がまた一つここに誕生した。— EDEN – イントロダクション

いやー、これは理屈なしに観たいっしょ!

人に期待しないのが吉

http://dobeltequila.tumblr.com/post/41312095897/wednesdays-words-of-wisdom-no-expectations-no

しばしば人間関係でしんどくなることがある。たいがいがこちらの期待通りのレスポンスをもらえなかったりするときだ。
期待する(してる)から裏切られた気持ちになる、期待しないでいればなんということはない。その期待というのはたいがいこちら側の勝手な思い込みでしかなく実際のところは的外れなものだったというのがよくあるようだ。
逆に人知れずこちらの事情も構わず期待されて、その通りにいかないからといって裏切られた〜などと思われてははた迷惑、である。
しかしながら、これまでどちらかというと「性善説」的なものの考え方を良しとしてきたせいか「期待しない」=「信じていない」のではないか、それは失礼なのではないか、と思ってしまうところがあって、わかってはいてもなかなかそのように考えることができないのだ。
そんなことをつらつらと考えていた時にちょうどいい言葉を見つけた。

聖書にはこんな言葉があります。「あなたは、兄弟(他人のこと)の目にあるおが屑は見えるのに、なぜ自分の目の中の丸太に気づかないのか」。つまり「自分の欠点には気がつかないのに、他人の欠点にはよく気がつく」のが人間というものなのです。
そんなときは、自分と他人を比べるのではなく、自分とキリストを比べるのです。自分はキリストに何一つかなうところはない。キリストに比べれば何もかも不完全だと気がつけば、少しは謙虚になれるし、他人に対する期待過剰もなくなるのではないでしょうか。
求めない、期待しない。性悪説でいい――キリスト教が教える対人関係の奥義

人のことあーだこーだ言うより、自分のことをちゃんとしろ、と。

今日のふせん

謎のかかと痛

週末はヨガに行くことにしているのだが、今週はめまい等不調につき行けず。ところがそうなると他のウィークデイに貯めていた歪みやアタマをリフレッシュすることができないので、疲労は解消されないという悪循環。日曜は天気が悪いこともあって室内で子とべったり。こういう日は別な意味であまり休まることがないので以外と疲れる。
月曜の朝はそんなこんなでげっそりだけれど、出社すると「ピッ」と背筋が伸びた気になって、お仕事モードにあっさり入れたりなので、まだ大丈夫(?)みたいだ。

今日のからだ

昨日突然に謎のかかと痛に襲われた。そのうち治ったりして…と思ったものの、今までになったことのない種類の痛みだったので、朝いちで整形外科へ。レントゲンを撮ってもらったところ、かかとの骨からピョコとでている骨が見つかる。どうやら「踵骨棘」というやつっぽい?若いのに〜と連呼されたので調べてみると60代以降になるケースが多いようだ。
いずれにせよ、ひとまず痛み止めの湿布をしつつ、ここに体重がかかりすぎないような靴(土踏まずがしっかりホールドされるようなスニーカーなど)を履くなり歩き方なりを工夫してすごすしかないようだ。あーあ。

今日のこども

今日も今日とて早起きしてご機嫌に保育園へ行って帰ってご飯、お風呂と順調にこなし、寝かしつけもサクッと…だったはずが、寝たのを確認して離れたところ、咳をげほげほ、そしてその勢いで、さっき食べたもの全てを戻さん…!とする瞬間に夫が察知してですんでのところで受けとめ、量のわりには少ない被害にとどめられた。
あとは阿吽の呼吸で子を救い出しサクサクとタオルやら何やらを撤収。汚れ物の素洗い(夫)、子のケアと寝場所の整え(私)と手分けして片付ける。子はケロリとしてすぐにうとうとしだしていたのでそのまま寝かしつけたらあっさり寝てしまった。お腹は空っぽだろうけど寝たし明日の朝ちゃんと食べさせればいい。それなりな量の洗い物が出たので洗濯機も回して部屋干し。

今日のふせん