トウキョウソナタ

黒沢清監督作品『トウキョウソナタ』を鑑賞。

舞台は東京、線路沿いの一軒家に住む4人家族。

それなりに威厳を保っているサラリーマンの父親、かいがいしく家族の世話にあけくれる専業主婦の母親、毎日好き勝手にやっている大学生の長男、そしてそれなりに素直にスクスクと育った小学生の次男(ボク)。一見平凡だけれど平和な毎日。

ところが父親をはじめ、それぞれに家族に言えない秘密や悩みができ、家族は崩壊へと向かっていく。

続きを読む “トウキョウソナタ”

百万円と苦虫女

百万円と苦虫女 オリジナル・サウンドトラック

タナダユキ監督、蒼井優主演『百万円と苦虫女』を鑑賞。

短大を卒業後、就職するでもなくフリーター生活の鈴子は自立しようと家を出るが、ある事件をキッカケに実家生活に逆戻り、そのせいで地元にも居辛くなり「百万円を貯めたら家を出る」と宣言し実行。

人と関わることで痛い目に遭い続けていた鈴子は、彼女なりの処世術として「百万円を貯めては居場所を捨てていく」生活を始める。

鈴子は言う「自分探しなんてしたくない、探さなくたってここにいますから」。

続きを読む “百万円と苦虫女”

崖の上のポニョ

崖の上のポニョ サウンドトラック

スタジオジブリの最新作、『崖の上のポニョ』を鑑賞。前評判は賛否両論、環境がどうとか、倫理的なところがどうとか。

正直どうなのよ・・・と思いながらも、やはり「オール手描き」×宮崎駿をメインの目当てに観てまいりました。

映画開始早々から、現実社会が舞台のようで、でもちょっと違和感のある描写が目白押しで「???」となるも?そこここで書かれているような親子で呼び捨て?とかなんで魚なのに髪生えてるの?とか?、そこにこだわっていてはいかん作品なのだと気づいてからは、「ポニョは妖精」「あの現代日本の港町に見える町は未知の島」等々・・・脳内で矛盾や野暮な大人目線から置き換えることに成功。

それ以降は「ポニョポニョ」と楽しめましたよ。おわり。

・・・というのは冗談で、つづき。(ネタバレあります)

続きを読む “崖の上のポニョ”