コールド・マウンテン

コールドマウンテン コレクターズ・エディションコールド マウンテンを観ました。さすがよく出来てるぅ、な「優等生作品」でした。のですが、観る前の勝手な想像としてニコール・キッドマンの役って「もう何年も連れ添った恋人が戦争に」だと思ってたら「都会からやってきた深窓の令嬢」だったのね。30代の彼女、貫禄ありすぎてちょっとキツかったです。その後、たくましくなっていく様は悪くなかったけれど。

逆にレニーも同じ30代なわけだけど、たぶん役的には20代前半とかなはずだけれど、こちらは酸いも甘いもかみ分けた「山の女」、若くても貫禄ついちゃうんだろうなー、でちょうどいい感じ。
それにしてもキャストも作りも豪華だったけれど、面白みにちょっと欠けたかも。あ、ジュードの「普通の男」っぷりは尋常じゃなくカッコよかったです。:shock:
レビュー:『コールド・マウンテン』

2 Comments

  1. ホンと、ジュード・ロウよかったよね。

  2. ホンと、かっこよかったね。

Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。