21グラム

21グラム (初回出荷限定価格)先週観たままレビューも書かずにほっぽり出していた『21グラム』。『アモーレス・ペロス 』のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督新作。ショーン・ペン、ベニチオ・デル・トロ、ナオミ・ワッツという演技派俳優をどーんと起用し、テーマも「命の重さ(21グラム)」とかなりどっしりと地に足のついた作品。時間の流れをコラージュのようにばらばらにし、エピソードを前後させて描き、観客は置いてけぼりになりそうだけれどそんなことは無くて、一定の緊張感を保ったままクライマックスへ。主要キャスト3人のねばっこい演技もよかったけれどシャルロットも良かったです。詳しいレビューはレビューページにて。
Review – 21グラム

One comment

  1. 21グラム(2回目)
    「2回目の鑑賞。スクリーンを後にする足が重たい。2回観る価値のある作品。」 先週観たばかりの「21グラム」を再び鑑賞。今年74本目の作品です。 心臓移植をした男、不慮の事故で家族…

Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。