ハリー・ポッターとアズカバンの囚人

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 特別版ハリー・ポッターとアズカバンの囚人をやっと観てきました。
評判では「端折りすぎ」との声ばかりですけれど、私は満足。メイン3人の見た目だけではない成長もさるものながら、ホグワーツを舞台とした因縁を抱えた大人たち(かつてのホグワーツの生徒たち)の苦悩も描き、なんとも切ない作品になっていたと思います。

全体的なトーンが暗く、何か悪いことがおきそうな空気がいっぱいに漂い、それでも悩みながら戦おうとするハリーと親友たち。残念ながら今回はロンの活躍は今ひとつだったけれど、ハーマイオニーの優秀な魔女っぷりがお見事。次回がまた楽しみ。
CGもビックリさせるだけの映像ではなくどこか風格を感じさせたのはメキシコの香り漂うワイルド感があったから?

Review – ハリー・ポッターとアズカバンの囚人

One comment

  1. ハリーポッタ?とアズカバンの囚人
    ようやく観てきました。
    前評判として、「端折りすぎてて、原作ファンには物足りない」というのを聞いていたんですが、僕はまったく逆の意見です。

    (続きはネタバレ)

Comments are closed.