アメリカン・スプレンダー

アメリカン・スプレンダー実在するコミック原作者・ハービー・パーカーの半生を描いたコメディ映画『アメリカン・スプレンダー』。導入部から渋ーいJazz(実際ハービーはJazzの愛好家でもあり、評論家でもある)が流れ、憂鬱そうな男がしわがれ声で憂鬱そうに文句をウダウダ。しかしながらコミックのコマが動き出したり、これまた渋い色合いのでもPOPな美術とでなかなか楽しいのです。相変わらずやってることはウダウダなんだけど。

コンプレックスたっぷりの風貌に、もともとの心配性もあいまって、なかなかダメな毎日を過ごしている。そんな現状をなんとかしようとハービーが思いついたのは、自分を取り巻く日常をコミックにすること。絵が描けなくたって問題なし。友人に作画を担当してもらい創刊したコミック「アメリカン・スプレンダー」はたちまち評判に!(公式サイトより)

そのいわゆる「サブカル感」は公式サイトのデザインでも垣間見ることができます。(ピンクを基調にしたなかなかワタシ好みの配色のサイト)
大人じゃないと判らないかもしれない渋いラブストーリー。 😉
Review – アメリカン・スプレンダー

そうそう、ファイト・ヘルマー監督の新作『ゲート・トゥ・ヘヴン』のレビューも書きました。これはどうでもいいや・・・。 🙁

6 Comments

  1. そう、これはとってもラブストーリーだと思います。あれだけケンカばかりしている奥さんの強く優しいこと!出会いもとってもキュートで素敵でした。子供との関係もとてもいい感じで、うらやましいですね。

  2. うんうん、なんか家族とか家庭とかから一番遠そうな人なのに、しっかり「家族」してるあたりも愛を感じましたよ。
    奥さん凄いね。じゃなきゃハービーの奥さんなんかやってらんないんだろうけれど。ああいう家族のあり方もいいなぁと思いました。

  3. アメリカン・スプレンダー American Splendor
    久々に映画の話題を…
    先週ですが、「アメリカン・スプレンダー」を「梅田ガーデンシネマ」にて観てきました。
    映画の上映が先週の金曜までだったので、慌てて観に行きました。
    こ…

  4. こんにちは(^^)
    私は、大爆笑の映画かと勘違いして見に行きました。期待とは違う種類の映画でしたが、なかなかおもしろかったです。なんだかハービーへの愛を感じた映画でした。

    トラバはらせてもらいましたm(__)m

  5. ともっちさん、こんばんは!
    私はもっと偏屈な映画かと思ってましたよ!
    そしたら素敵なラブストーリーでした。いろんな意味で。
    編集とかも凝ってて良かったですよね。ああいう映画好きです。

  6. アメリカン・スプレンダー
    「オレ好みじゃないのかなあ。悪くないんだけど、結構物足りない。もっと何かを感じたかったなあ。」 やってきましたー! ヴァージンシネマズ六本木ヒルズ!! いやー、東京暑いで…

Comments are closed.