スウィングガールズ

舞台は東北の片田舎の高校。夏休み返上で補習を受けている女子生徒たちが、サボりの口実としてビックバンドを始める。当然のごとくやる気はゼロでサボる気満々。しかし、楽器からすこしずつ音がでてくるにつれジャズの魅力にひきこまれ、ついには自分達だけでバンド結成を決意!とはいえ楽器はないし、お金もない。バイトをすれば大失敗。なんとか楽器を手に入れて、いざ練習!と思いきや、今度は練習場所もなく、ついにはバンド解散の危機!?しかし、音楽への熱い思いがはちゃめちゃパワーとあいまって、紆余曲折を吹き飛ばし、感動のラストまで一直線!!(公式サイトイントロダクションより)

スウィングガールズ スタンダード・エディションえーと、まず矢口監督作品なので「なにかヒネリが!」と期待しすぎたし、ガールズたちの山形弁が下手っぴだったのも否めないし(トランペットの子は上手だった)、たぶんこういった学園モノにしてはキャラ立ちがイマイチ、と突っ込みどころが満載でもそれをぶっ飛ばす(言葉は悪いけれど思いつかず)個性があればよかったのだけれどそれもなく・・・と負の要素を並べてみる。

そういうのも「まぁいっか」と思わせるガールズ(+ボーイか)の天真爛漫なスウィングっぷり。ほとんど演奏経験がない彼女らが劇中+撮影中にだんだんと演奏が上達していく中で演技中なのにちょっと垣間見える「素」の表情の新鮮さも見逃せない。
彼女たち自身が演奏したというラストの演奏会シーン、彼女らと一緒に観客もきっとスウィングする楽しさってものをひしひしと感じたに違いないって思わせてくれたあたりはちょっとカンドウ的でした。
そしてこんな本まで出てたのはちょっと笑えました、でもちょっと欲しいかも。

2 Comments

  1. Zazieさんこんばんは。『スウィングガールズ』、ネットで見かけて微妙に興味を持ってました。ちょっと古いタイプの音楽を女子高生が演奏するっていうミスマッチ感がよさそうで気になってますが・・・きっとアメリカには来ないんだろうなぁ(泪)。なのでここでレビューを公開していただいて感謝です!ではまた参ります?。

  2. akiraさん、いらっしゃいませ。
    そっかぁ、アメリカじゃさすがにやってませんよねぇ。
    >ちょっと古いタイプの音楽を女子高生が演奏するっていうミスマッチ
    そうそう、なぜか最初は不本意にビッグバンドやることになった彼女らが「Jazzってオヤジっぽい」とかなんとかいう台詞があるのですが、そういいながらもだんだんとスウィングする楽しさをおぼえていくのです。その楽しそうな姿はなかなかステキでした。

Comments are closed.