Site icon Zazie@Tokyo

珈琲時光

フリーライターの陽子は、古書店主人の肇と親しく一緒に過ごすことが多い。ある日、陽子が妊娠していることが分かる。相手は台湾の男性らしい。陽子の両親は「シングルマザー」の道を選ぼうとする娘を心配する。一方、陽子を好きな肇は、自分の気持ちを伝えられない。過ぎゆく日々の中で陽子は想う—- 家族のこと、肇のこと、これから生まれてくる新しい命のことを…。

珈琲時光を観ました。この作品は台湾の侯孝賢(ホウ・シャオシェン)監督が小津安二郎監督の生誕100年を記念し、オマージュを捧げて製作。小津監督が愛した東京を舞台に(神保町の古書店街、御茶ノ水の高架、鬼子母神の路面電車)ヒロイン陽子とそのまわりの人々のさまざまな思いを淡々と描いている。

とにかく画がキレイ、とかく騒がしいイメージのありがちな東京でも情緒が残る下町の「絵になる」場所を雰囲気よく映し出す。キャストもみんないい感じでとても自然で。(やはり固まった脚本はなく、即興演出もあったとのこと)
でも、何かが足りない。なんだろうと考えたら小津作品でいうところの「杉村春子(スパイス)」がいないのだ。時には狂言回しにもなりうる人間くさいキャラ。
もちろんこの作品は「小津監督にオマージュ」なだけで侯孝賢作品なので違って当然なわけだけれど。前作『ミレニアム・マンボ』のときにはあったナマナマしさがちょっとあっても良かったような気がする。

モバイルバージョンを終了