Mr.インクレディブル

Mr.インクレディブルMr.インクレディブル』鑑賞。
「やっぱPixerスゴイ!」とうなりっぱなしの2時間。人間がメインのフル3DCGというと、なんとなーくクオリティはすごくても違和感+気持ち悪い感が否めないジャンルなわけだけど、この作品はそのキャラクタの見た目がうまくデフォルメされていて、そしてとても魅力的。そのキャラたちがスーパーパワーを十二分に発揮してスクリーンで暴れまくるから楽しくないわけがない。:veryhappy:

個人的にハマったのがインクレディブル家長男ダッシュの猛ダッシュシーン 😯
父を救いに敵の陣地へ乗り込んだインクレディブル一家。ダッシュはスーパーパワー・超高速ダッシュを駆使し、敵の追っ手から逃れる。
今まで思い切り走ることを禁じられてきたダッシュが(危機的状況とはいえ)嬉々として走る走る。「野を越え山を越え水を渡り」という文字通りの猛ダッシュ映像はジェットコースターに乗ってるかのようなスピード感にあふれて「もう笑うしかないでしょう!」というぐらい。:laughing:
そして秘密のインクレディブル一家の秘密兵器にまたビックリ+わはは。クラシカルでおしゃれなエンディングロールも必見。

作品データ

タイトル Mr.インクレディブル
監督 ブラッド・バード
キャスト クレイグ・T・ネルソン、ホリー・ハンター、サミュエル・L・ジャクソン、ジェイソン・リー
製作国 アメリカ
製作年 2004
ジャンル アクション,ファミリー,コメディ
備考

4 Comments

  1. 関係ないんだけど,ファビコン新しくなってるの今、気付きました。雰囲気合っててクールですね。俺も作りたくなってきた。

  2. Mr.インクレディブル
    「期待以上に楽しめたヒーローアニメ。どのキャラも魅力的で好感持てるし、ラストは一本取られた感じ。」 そして今日3本目は「Mr.インクレディブル」です。先行上映の字幕版を観てき…

  3. >einさん
    どーもです。何かヒマだったのでほっぽらかしだったfaviconを現サイト用に改めた次第です。
    でも小さいとちょっとキタナイのでまた直さないとなんだけど。。。

    faviconあるとちょっといいですよ。

  4. […] 2004年の締めくくり映画は『ベルヴィル・ランデブー』。 戦後間もないフランス。両親を亡くし、孤独で内気な子供シャンピオンはお祖母ちゃんと二人暮し。そんなシャンピオンが唯一興味を示したのは自転車。いつしかお祖母ちゃんと猛練習に励み、ついにツールド・フランスに出場。ところが競技中にギャングにさらわれてしまう。孫を救うため、お祖母ちゃんが老犬と三つ子の老婆と協力して大活躍・・・といった内容。 ほとんど台詞がなく、登場人物のしぐさや表情だけでストーリーは展開。昔のサイレント映画のようなたたずまい。ところどころにフランスらしい毒っ気やウィットにとんだ表現ありでしびれるしびれる! 孫を救いに行くお祖母ちゃんを助ける三つ子の老婆(TRIPLETTES DE BELLEVILLE:原題のベルヴィルの三つ子)のスーパーパワー(あれどこかで聞いたような・・・)は凄すぎて可笑しいやら麗しいやら。でも不思議な魔力と創意工夫で妙な説得感アリ。 監督が大好きだというジプシー・ジャズの創始者ジャンゴ・ラインハルトはキャラクタで登場。音楽も全編にわたって懐かしく洒脱なジプシージャズのテイストがいっぱい。そしてやはり監督がファンだというジャック・タチの『ぼくの伯父さんの休暇』のポスターがさりげなく貼ってあり、劇中映画が『のんき大将』。さまざまな仕掛けが楽しい!文句なし! Filed under: […]

Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。