犬猫

?

『犬猫』の世界 コメント/映画評論家・山田宏一から引用。あまりにもチャーミングな「あらすじ」だったので。

「事情があって宿無し」になったスズ(藤田陽子)が友だちのアベチャン(小池栄子)の家に転がり込む。毛糸編みの防寒帽みたいなのをかぶった小池栄子のアベチャンというのがそこはかとなく愉快で、いかにも気のいい女の子といった感じなのだが、アベチャンは明日から中国へ1年間留学に行くので友だちのヨーコ(榎本加奈子)に留守番をたのんだばかり。「ヨーコがよければ、かまわないけど」ということで、友だちの友だちはまた友だちだといわんばかりに居すわったスズとむっとしながらもこらえるヨーコは、こうして同じ屋根の下に同居することになるのだが、じつはこのふたり、幼なじみ??どころか、幼稚園時代から犬猫ならぬ犬猿の仲。それも、「いつも同じ男の子が好きになっちゃうから」なのだった!

ごく一部で大評判の映画『犬猫』を鑑賞。
ぴあフィルムフェスティバル2001で企画賞を受賞し、8mmながらもレイトショー公開されて話題を呼んだ『犬猫』を、井口奈己監督が自身の手でリメイクした作品。

とまぁ前置きはさておき、いかにもミニシアターな地味で日常的で淡々とした作品。とはいえ映画なので、そこにはかならずドラマがある。偶然が偶然を呼び、といった展開がご多分にもれずある。だけれどそこがこの映画のいいところでその偶然は偶然であると同時に必然。
冒頭、アベチャン家で鉢合わせになる2人は初対面なのかと思うほどよそよそしい(ストーリーを良く知らなかったので実際最初は初対面の設定なのかと思った)。そこから「説明台詞」は一切なしに彼女たちの「幼馴なじみなのによそよそしい」理由が徐々にわかってくる。
意地っ張りのヨーコはと天然のスズ。意地っ張りは意地を張れば張るほどドツボにはまり、天然のことをうらやましくもあり、妬ましくもある。天然はそんな意地っ張りさんの気も知らず、マイペースでどんどん思うままに行動を起こす。うすうす意地っ張りさんの機嫌を逆なでしているのを気づきつつ。
そんな彼女たちが引き起こす行動を丁寧に描き出すことで、偶然の重なりも説得力を帯びてくる。
どうにも合わない二人でも一緒に暮らすことでお互いをそれとなく思いやったり、それを感じあったりして、落としどころを見つけていく。
最悪な仲たがいをしたあとでもワーっと発散したあとは気づけばケロリとと普通に隣に居たりする。オンナノコってやつはー、とつくづく感じる。

作品データ

タイトル 犬猫
監督 井口奈己
キャスト 榎本加奈子、藤田陽子、忍成修吾、小池栄子、西島秀俊
製作国 日本
製作年 2004
ジャンル 青春,LOVE
備考
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。