メリンダとメリンダ

ウディ・アレンの新作映画『メリンダとメリンダ』鑑賞。

解説

ウッディ・アレン監督の新作は、ヒロインがたどる2つの道筋=ラブ・コメ版と悲恋もの版を交互に描くラブ・ストーリー。マンハッタンのレストランにたむろする劇作家たちが「人生は悲劇か喜劇か」を議論するため、ひとりの女性を巡る2つの物語を構成していく。スタートはどちらも監督、俳優、製作者たちが集まるパーティ。そこにメリンダが登場してドラマは2つに分岐していく。メリンダ役は「ネバーランド」のラダ・ミッチェル。
2004年製作/100分/アメリカ
原題:Melinda and Melinda
配給:20世紀フォックス映画

メリンダとメリンダ : 作品情報 – 映画.com

同じシチュエーションで悲劇作家と喜劇作家が「自分ならこう書く」と思いつきで描いた二つのストーリー。ハッピーなメリンダと悲劇のヒロインなメリンダ。メリンダは同キャスト(ラダ・ミッチェル)で二つのまったく違うストーリーが展開。はたしてどちらの物語のほうが本当の人生を映し出すことが出来るのか。

劇作家が飲みながら吹っかけたお遊びらしく、悲劇のほうでもどこかコミカル。同じシチュエーションでも「ものは取りよう」とはよく言ったもので、なんでもかんでも悲観的な悲劇のメリンダに対し、あっけらかんと物事を流すハッピーメリンダ。

どちらのメリンダも正解だけれど、どちらがいいかといえばやはりハッピーなほう。どうせなら人生明るく楽しくがいいもの。

全編心地よいオトナJazzが流れ、悲劇編のメリンダの親友(クロエ・セヴィニー)の「若奥様」ファッションがとてもすてき。こういうのがやはりアレンなんだなぁ。

メリンダとメリンダ (2004) Comedy, Drama, Romance | 1h 39min | 25 June 2005 (Japan) 6.4
Director: Woody AllenWriters: Woody AllenStars: Will Ferrell, Vinessa Shaw, Chiwetel EjioforSummary: Al, Louise, Max and Sy - four literary types who work in the theater business - are discussing what they believe to be the real life truths underlying their work, Max who writes primarily tragic plays, and Sy who writes primarily comic plays. Al proceeds to tell them a real story of a troubled woman named Melinda Robicheaux showing up unexpectedly at a door in the middle of an important business dinner party. Melinda long ago left her physician husband to embark on a relationship with who she initially believed to be the man of her dreams, which ended up not being the case. Melinda tries to put her life back together with the help of select people at the dinner party, some who have their own ulterior motives. Melinda's appearance also opens up the cracks existing in the marriage of one of the couples at the dinner party, while it leads to the dissolution of a friendship that has existed since college. With this basic outline of a story, Max and Sy try to make their point of life being... Written by Huggo

Photos


See all photos >>