スタスキー & ハッチ

スタスキー & ハッチ 特別版日本ではとうとう劇場公開されなかった『スタスキー&ハッチ』。
ベン・スティラー+オーウェン・ウィルソンで70年代テイストたっぷりの往年の人気刑事ドラマの映画化ときたら期待しないわけはないのだけど、期待しすぎたのか(その世界を)理解しきれなかったのか、イマイチ消化不良でした。

元のドラマはかっこいいアクションと憎めないキャラで人気を博したのだろうけれど、「大真面目にバカをやる」というこの二人の芸風(?)がそうさせてしまうのか、オリジナルをおちょくっているのか、かっこいいアクションをしたいのか中途半端さが否めない。いつギャグやるのかワクワクして観ていても普通にシリアスなシーンのまま終わったり。
それでもやっぱり見た目のバランスもピッタリで息のあった二人、いつものごとくギャグのシーンではおなか抱えて笑わせてもらったし、なんだか憎めないんだなぁ。
オリジナルでも名物である覆面パトカー「赤い稲妻」のアクションシーンは往年の「ザ・アメリカンドラマ!」(「ジ」ではない)を髣髴とさせ、思わずニヤリ。
久々に観たジュリエット・ルイスが端役で出ていてちょっとビックリ。そして個人的に気に入ったのはトップ・ラップスター、スヌープ・ドッグの70年代風ヒップなファッション。味のある演技とともに超カッコイイです。

2 Comments

  1. わーお。懐かしい。
    ちっちゃい頃テレビでやっってるの観てたよ。
    カーアクションって感じの刑事ものだよね。
    うーん。あの空気をこの2人が再現するのはすごーく難しいかも。(笑)
    かっこよさよりもギャグになりすぎちゃう気がする。
    あはは。でもどんなかちょっと観てみたいかも。

  2. おお、百桃さんおひさしぶりですー。
    『スタハチ』私はあんまり馴染みがなくてアレだったのですが、懐かしの『特攻野郎Aチーム』を思い出しました。『Aチーム』もカーアクション凄かったから。

    >かっこよさよりもギャグになりすぎちゃう気がする。

    そーなんですよねえ、パロディにしか見えない。(笑
    それなりに真面目にやってるっぽいんですが。
    なので若干消化不良・・・。
    でもでもファッションとかノリとか、それなりに楽しめると思いますのでレンタルしてみるのも良いかもですよん。

Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。