インフルはつらいよ

Getting rid of swine flu
photo credit: Stéfan via photopin cc

あけましておめでとうございます。

昨年末、2日前倒しで年末年始連休をいただいたにもかかわらず、連休2日めにしてインフルエンザを発症してしまいました。人生初!

当日は声が変だな〜風邪悪化させないよう気をつけないとなーぐらいな状態で朝ラン参加から帰宅して午後から実家の熊谷へ、そしてその夜から一気に具合が急降下。晩ご飯時には悪寒が止まらなくなりお風呂もやめておいて早々に休んだ翌日の朝、熱を測ってみたらなんと38.83℃!「こ、これは…!」ということで即近所の医院へ直行し検査「ハイ、A型ね。」とお医者様にあっさりと宣告され、タミフルだしてもらいました。

折しもW妹家族も子連れで同時に帰省中、もう遅いかもだけれどもうつしてはマズイということで医者から帰るやいなや客用ベッドのある元子供部屋へ直行しプチ隔離状態を作ってもらい、タミフルのんで、とにかくひたすら休む・スポーツドリンクを飲む、というのをウンウンうなりながら繰り返しておりました。

実は当日即東京に戻り、翌日夫実家の大阪へ(そこから京都へ!伊勢へ!)という予定だったのですが当然NGでしょう!ということでとりやめになり、とにかくこの状態では動くのは無謀と言うことでもう一晩実家で翌日に東京に戻ってあと2〜3日は自宅で過ごさないとなぁという感じに予定変更。夢の11連休が…。

さすがにタミフルが効いてきた夜にはだいぶ小康状態になったものの、やはり初日はとにかく頭痛が酷くてホント辛かったです。ちょいちょい微熱がちではあるものの38℃超えの発熱もおそらく10年以上(いやもっと?)記憶にないぐらい久しぶりだったのでおかしな感じでした。母や夫や妹に上げ膳据え膳、着替えの買い物やらいろいろしてもらって、かなり助かりました。本当に心強くありがたかった。

私はそんな感じで順調によくなったものの、まだ0才児の甥っ子が発症、その後義理の弟がさらに発症…とよく考えるとかなりな大事となってしまっていました。とはいえそれぞれも1日とかでよくなった(のかな…)みたいでしたが、気をつけていたつもりでも被害があったみたいです。申し訳ないことをしました。

そんなわけで思いがけず予定がポッカリ空き、「怪我の功名」的なのんびり時間を過ごさせてもらってます。こんなに休まってるのいつ以来だろう。

とはいえ年末年始ということでおせち食べたいよね、年越しそばもね、ということで、ひとまず東横のれん街で間に合わせのものを準備してみたり、義母にお雑煮(白味噌!)の作り方を教わったり、がんばりすぎない程度に、ふたりっぽっちのお正月を演出してみてます。0時回ったところで近所にお参りに行ってみたり、初日の出を家のベランダから拝んだり。そうそう、今日は映画の日ということで『ホビット』観にいきました。

義母の「こんなお正月、この先あるかわからないから気にせずのんびりしなさい」の言葉に甘えて、お休み堪能です。そうそう、こんなことどっちの実家にも行かないなんて来年以降あること自体想定してないのですから。

まぁ、ちょっと生活が仕事中心すぎて無理してた感があるので、そのしわ寄せが一気に来たのかもしれないです。今年はもうちょっと公私のメリハリつけて生活していかねばなぁと痛感しました。もっとちゃんと普通の時間にご飯を食べるとかってことを大事にしてかないと。

そんなこんなでイレギュラーなお正月でした。あんまり無理は出来ないけどだいぶ回復はしたので徐々に普通の人っぽいお正月にして、またお休み明けの心の準備もしていかねば。それでは今年もよろしくお願いいたします。