映画『エレファント』

エレファント』を観ました。ガス・ヴァン・サント監督の新作であり去年のカンヌ映画祭パルム・ドール、監督賞をW受賞した作品。

かのコロラド州コロンバイン校の銃乱射事件をモチーフに、舞台をポートランドに移し、いつもと同じ「いちにち」であったはずの朝の惨劇を数名の登場人物にスポットを当て、それぞれの「いつもと同じはずであった朝」を淡々と描いています。

スクリーンサイズが広いと迫りくる圧倒感が良い場合があるのですが、この作品では最近では珍しいスタンダードサイズで(ゴダールの映画なんかはこのサイズが多いです)。狭めなこういったサイズでは逆に意識がスクリーンの中に入り込んでいく。大事件が起きる朝のいつもと同じ澄み切った青空に雲が流れるファーストシーンが特に印象的でした。

これを観て思い出したのが先日観たきょうのできごと a day on the planet』という映画。こちらは惨劇が起こるということもないけれどやはり登場人物それぞれの「きょう」という同じ日を描いています。

エレファント | November 14, 2003 (United States) 7.1

Photos


See all photos >>

3 Comments

  1. エレファント
    シネセゾン渋谷でガス・ヴァン・サント監督の「エレファント」を観ました。 監督・脚本・編集 : ガス・ヴァン・サント 出演 : ジョン・ロビンソン/アレックス・フロスト/ /エリック・デューレン/イライアス・マッコネル /ティモシー・ボトムス…

  2. トラックバックありがとうございます。
    映像はいい意味で凝っていたけど、その中に「入っていける」
    感じが良かったですよね。
    「いつもの一日」が「忘れられない悪夢」に変わっていく
    あの感じ、とても映画的だと思います。◎作品。

    コメントが直ったとのことで書き込ませていただいてます。Thanks.

  3. コメントありがとうございます!
    (せっかく書いていただいたのに返信遅れましてスイマセン・・・。)
    衝撃的なのに冷静に観られる。スキャンダラスになりがちなのに上手くそこらへんを描いてましたよね。
    『エレファント』今のところ今年ナンバーワンです。

Comments are closed.